お客様の声

18 不動産は情報の非対称性が存在その非対称性へうまくアクセスすることが大切

都内在住 外資系金融機関勤務

三木社長の考えが具現化されたOMパートナーズさんはビジネスが物件を売って終わりの”フロービジネス“ではなく、売った後も様々な形で連携する“ストックビジネス“に近しい部分があると感じます。

 

OMパートナーズさん、三木社長との出逢いは偶然でした。

たまたま漠然と不動産投資に興味を持った際、知人の知り合いを通じて紹介していただいたのが始まりです。

それ以来、物件の取得・管理を通じて不動産賃貸経営のビジネスでお世話になりはや2年経ったところです。

最初不動産賃貸経営を始めた際はおっかなびっくりな面もありましたが、手厚いサポート等のおかげで手早く6棟以上の不動産ポートフォリオに拡大することができました。

物件の運営も順調に進んでいる状況です。

今の現状を振り返りますとやはり様々な面でのOMパートナーズさん、また三木社長からのサポートが大きかったと思っております。

 

実際に物件を購入しようとすると様々なことが起こります。

融資がつくと思われた銀行から最後にダメ出しを受け必死で他の銀行を探すことになったり、購入した物件で以前から住んでいた入居者が滞納を始め、裁判沙汰になりそうになったり、などなど。。

これらは一例ですが本当に以前考えてなかったことがいい意味でも悪い意味でも起きていきます。

その際、自分がわからないことを様々な側面から的確にサポートしていただいたことによって不動産賃貸経営に対する意識が自分でも高まりより賃貸経営をしていきたいと考えるようになりました。

 

三木社長の私が好きな側面としてはバイタリティもそうですがいいことも悪いこともきちんと話してくれて解決策を提案してくれるということです。

やはり人間たるもの「臭いものには蓋をする」的な人達は様々なところでいるわけですが、三木さんはそこははっきりと教えてくれます。

問題解決をするためには現状を正確に判断しその後どういう対策をとっていくのか決断するというプロセスによって成し遂げられると私も思っております。

ですので三木社長のそういった側面は非常に共感できますし、尊敬しております。

 

このような三木社長の考えが具現化されたOMパートナーズさんはビジネスが物件を売って終わりの”フロービジネス“ではなく、売った後も様々な形で連携する“ストックビジネス“に近しい部分があると感じます。

すなわち中長期的に利害関係を揃えてビジネスをおこなうことによって“WIN‐WIN”の関係が作られるのだと思います。

 

不動産はやはり価格透明性も流動性も私の専門分野である金融資産と比較すると低い資産クラスです。

ただ逆にそういった資産クラスであるがゆえ情報の非対称性が存在すると思いますしその非対称性へうまくアクセスすることが不動産投資・経営には大切だと思います。

私はそれをなしとげる一番の早道は信頼しあえるパートナーを見つけてビジネスを歩んでいくことだとOMパートナーズさんとのお付き合いを通じて感じているところです。

 

不動産投資/賃貸経営は会社員の信用力が非常に優位に働くものだと学ばさせていただきました。

それと同時に不動産投資・経営は時間を味方につける運用スタイルだと私は思います。

もし不動産に興味があってなにもしていない方がいらっしゃるのであればそれは機会コストを払っているのと等価ではないでしょうか?

私も以前はそうでした。

でも数年前、偶然相談し不動産投資・経営を始めOMパートナーズさんの細かいサポートのおかげで今があります。

 

少しでも興味があれば、相談して一歩踏み出してみるのもいかがでしょうか?

************************************************************

投稿感謝申し上げます。

私もこれまでの取引を通じ大変勉強させて頂きました。

2年前に始めてお会いした折にご提案した第一ステージには到達しました。

現在第二ステージを進行中です。

目標は承知しておりますので、一つ一つの事業精度をより高めかつスピード感を携え更なる商品・サービス・品質向上に精進して参ります。

 

こちらこそ今後とも宜しくお願い致します。

OMパートナーズ株式会社 代表取締役社長 三木浩之 平成30年2月吉日

Fudousan Plugin Ver.1.7.5