自転車放置対策

2019.06.02

いつもブログを見ていただきありがとうございます。

 

今回は、マンション駐輪場の放置自転車問題についてお話いたします。

入居希望者が内覧の為、建物を訪れた際に室内の他に見る箇所としてエントランス・駐輪場が挙げられます。

エントランスは以前からマンションの顔ということをお話させていただいておりますが、私の中で駐輪場はマンションの第2の顔だと思っています。

駐輪場が必要以上に停められていたり、乱雑していると入居希望者は不快な気持ちにもなり入居に繋がる可能性も低くなってしまいます。

エントランスの清掃だけでなく、駐輪場も気にかけて物件視察をしましょう。

 

放置自転車の撤去方法としては、

  • 駐輪場整理することを掲示板に貼りだし告知
  • 自転車に張り紙をする

使用している人は紙を剥がしてもらい、ある一定期間紙がそのままであれば撤去対象の自転車となります。弊社で設けている期間は1ヶ月程です。

  • 盗難自転車かどうかの確認

警察の方に来ていただき、ナンバーを照合してもらいます。

盗難自転車でなければ一箇所にまとめて業者へ依頼し撤去となります。

 

放置自転車といって、勝手に処分をしてしまうと後々に問題となるケースもあるそうなので必ず一定期間は様子を見ることと盗難自転車ではないかどうかを確認することが放置自転車を撤去する際、最も重要なこととなります。

 

賃貸物件の管理でお困りのことがあればご連絡ください。

東京エリアのオーナー様は03-5488-7737
名古屋エリアのオーナー様は052-414-4200

Fudousan Plugin Ver.1.7.5