管理会社とは中間立場

管理レポート -

いつもブログを見ていただきありがとうございます。

私たち管理会社は建物の管理や家賃回収、入退去の手続きなど様々なことを行っています。その中でも、入居者様からのクレーム対応も行いますが、このクレーム連絡が入る回数も年々増えてきています。

原因として挙げるとすれば、昔と比べ貸す側よりも借りる側の立場が強くなってきていることです。昔は賃貸物件が少なく、借りる人が多かった為、借りる人は貸す人に対して貸してくれてありがとうという意味を込めて礼金を支払ったりすることで「貸してもらっている」という感覚が強かったようです。ですが、今では敷金・礼金ゼロプランで募集をしたり賃貸物件が多くあり借りる人は自由に選ぶことが出来る為立場が逆転してしまっています。そのため、借りる人は「入居してあげている」といった感覚になっており些細なことでもオーナー様にクレームを入れる状態となっています。

もう一つ原因を挙げるとすれば、インターネットの普及により入居者様が色々な情報を得られるようになったことです。入居中に困ったことがあればネットで検索することですぐに対策方法が出てきます。その中で

・オーナーに言って直してもらった

・管理会社に言って対応してもらった などといった体験談が多く出てくるので、クレームの連絡を入れる入居者様が増えるという訳です。

オーナー様自身で管理をされている場合、情が移ったりして連絡があればすぐに対応されるという方も中にはいらっしゃるかと思いますが、私たち管理会社はオーナー様と入居者様との中間の立場になりますので全てを受け入れるという訳にはいきません。正確なジャッジをし、対応判断をすることが賃貸マンションの管理の中でも最も重要になってくるかと思います。

賃貸物件の管理でお困りのことがあればご連絡ください。

東京エリアのオーナー様は03-5488-7737
名古屋エリアのオーナー様は052-414-4200

 

Fudousan Plugin Ver.1.7.5