空室部屋への一工夫

管理レポート -

いつもブログを見ていただきありがとうございます。

今までにも空室対策についてブログを書かさせていただきました。

今回は空室部屋への一工夫で新しい入居者様が見つかるかも!?というポイントをお伝えさせていただきます。

①お部屋の中にワンポイントのPOP

初めての一人暮らしの方はもちろんのこと、内覧者はお部屋のどこを見ていいのか分からないです。お客様だけでなく不動産会社の営業マンの方もそうです。たくさんの物件を扱っている為、一つ一つ部屋の特徴を覚えていることは難しくお部屋の良さを全て伝えきることが出来ない可能性もあります。そこで、ワンポイントPOPを貼ることにより物件を良く知っているオーナー様がいなくてもお客様にお部屋の良さを伝えることが出来ます。

このワンポイントPOPは良いところだけでなく、お部屋の寸法を伝えるのにも最適です。お部屋での生活をイメージしてもらうには、今持っている家具が入るかどうかも気になるところです。例えば冷蔵庫や洗濯機など生活に欠かさない家電が置けるか不安になり即決めされないこともありますが予め寸法をお伝えすることでイメージがわきやすくなります。

②電気の開通

多くのマンションでは空室部屋だからといって電気を止めていることがありますが、止めてしまってはせっかくお部屋を綺麗にしていても部屋の中が真っ暗では意味がありません。内覧希望者様も日の出ている時間にしか来ないわけではありません。夕方以降も明るく綺麗な状態が見れるようにすることで成約率も上がります。

マンション管理でお困りのことがありましたらお気軽にご相談ください!

東京エリアのオーナー様は03-5488-7737
名古屋エリアのオーナー様は052-414-4200

Fudousan Plugin Ver.1.7.5