賃貸マンションの消防点検について

管理レポート -

いつもブログを見ていただきありがとうございます!

今回のブログは消防点検についてです。

賃貸マンションを所有されているオーナー様は所有物件の消防設備点検を行っておりますでしょうか?

オーナー様もご存知だと思いますが、マンションには給水・排水ポンプ、エレベーターなど様々な設備があります。入居者様の生活に支障をきたさないよう専門業者に依頼し点検を行います。消防点検もそれらの設備点検の一つです。

消防設備点検は消防法によって定められており、年に2回点検を行うことが定められています。点検や報告を怠ると「罰則」が科せられる場合ことがあります。消防設備点検を怠っている状態で、火災が起き死傷者が出るなど被害が大きい場合マンションのオーナー様は損害賠償責任など重い責任に問われることになります。

この消防設備点検は他の設備点検と違うことと言えば、マンションの共用部のみならず室内の点検も含まれている事です。

マンションの共用部や室内に設置されている火災報知器や避難はしご、消火器やスプリンクラー等に不具合がないかを調べます。記載した設備を見ていただくと点検をしなければならない理由が分かるかと思います。万が一、火災が発生した時に被害を最小限に抑える為です。

もし、火災報知器が備え付けられていなかったり故障していたりしたら入居者様は逃げ遅れてしまいます。避難はしごも壊れていたら高層階に住まれている方が避難することも出来ません。火災の被害を最小限に抑えるには、消防設備が備え付けられていることと、正常に作動する必要がある為「消防設備点検」は万が一の火災発生時に消防設備が正常に作動するのかを確認するための点検です。

マンション管理でお困りのことがありましたらお気軽にご相談ください!

東京エリアのオーナー様は03-5488-7737
名古屋エリアのオーナー様は052-414-4200

 

Fudousan Plugin Ver.1.7.5