賃貸物件の防音性能

賃貸仲介 -

みなさんが防音性に優れた賃貸物件と言われたときに連想するのが物件の構造だと思います。建築構造を大別しますと、「木造」「鉄骨」「鉄筋コンクリート」になります。

実際に物件を探される時でも、「音」を気にされる方は構造を「鉄筋コンクリート」にされる方が多いです。逆に「木造」は避けられることが多くなりますが、「音」が気になる方は他の要素と総合的に判断して頂きたいです。

やはり構造の面では、木造は音を通しやすいですが、周辺環境と壁の材料や厚みなどでも随分変わってきます。物件の周りが幹線道路の近くにあったり、居酒屋などが近くにあったりしては、静かな暮らしを手に入れる方が難しいです。

また、構造が鉄筋コンクリートだからと言って壁も鉄筋コンクリートで出来ているとは限りません。むしろ、石膏ボードと言われる壁材で作れている方が多いのです。なので、実際に物件の内見をした時に、壁の厚さや材質を確認する他ないのです。

逆に、木造と一言でまとめても、その性能は築年数によって全く異なります。木造でも建築から数年しか経ってないものは、防音性能が高く、ほとんどの生活音が気にならないほどです。

実際に内見されたカップルの方でお互いに声を出し合って試して頂いたことがありますが、何ら問題ありませんでした。

物件それぞれで変わるものはたくさんございます。気になる物件があれば一度内見されることをオススメします。

気になる物件がある方はご相談ください!

お電話で相談されたい方は→03-5488-7737

Fudousan Plugin Ver.1.7.5