賃貸物件の家賃滞納について

管理レポート -

オーナー様のお困り事の一つである家賃滞納について触れさせていただきます。
賃貸物件の家賃滞納で、給料等が入ってくる口座と引落口座が違い、引落が掛からなかったというのはよく起こることですが、入居者様に悪意はないのですぐに改善されることの方が多いです。しかし、中には定期的に家賃滞納をしてしまう方がいらっしゃるのも現状で、この場合なかなか改善されないことが多いので、2・3ヶ月の滞納になってしまうこともあります。
基本的に保証会社に入っている契約については問題ありません。なぜなら、家賃の保証や万が一の時の法的手続きもしてもらえるからです。最近の契約ではほとんどの契約が保証会社必須になっているので、問題はないことの方が多いのですが、少し前に契約された方で家賃滞納があるとトラブルになる可能性があります。
もし、保証会社が入ってない契約で家賃滞納になった場合でも、管理会社に管理を委託していれば、家賃回収に時間が掛かるかもしれませんが、督促・法的手続きはやってもらえるので手間はかかりません。一番恐いのは、管理会社が入ってない一般オーナー様で、保証会社が付いてない契約になります。
さらに、保証会社が入っている契約でも、同一物件で家賃滞納が発生していますと、入居者様の質が良くない可能性があります。その場合、条件の見直しや何か家賃滞納に関する同意書などを実施すると良いと思います。
何か疑問・不安のあることやご質問がある方はご連絡ください。
ちょっとしたことで入居率や困られていることの改善・解消ができるかもしれません。

家賃滞納でお困りの方や募集条件の見直しを考えられている方はこちら。

東京エリアのオーナー様は03-5488-7737
名古屋エリアのオーナー様は052-414-4200

Fudousan Plugin Ver.1.7.5