住みたい街ランキング2018《東海版》

管理レポート -

住みたい街ランキング関東・関西を掲載しましたので、今回は東海の住みたい街ランキング2018年のご紹介です。

賃貸経営のオーナー様、これからの収益物件をお探しの方は気になるところかと思います。

早速順位の発表です!※()内は2017年の順位

1位  藤ヶ丘   (2位) ↑

2位  新栄町   (1位) ↓

3位  中村公園  (6位) ↑

4位  岐阜    (5位) ↑

5位  鶴舞    (4位) ↓

6位  一社    (3位) ↓

7位  中村区役所 (9位) ↑

8位  岡崎    (15位)↑

9位  豊橋    (17位)↑

10位 本陣    (13位)↑

前回の2位から上昇した「藤ヶ丘」が1位になりました。
名古屋市営地下鉄東山線と愛知高速交通東部丘陵線(リニア新幹線)が乗り入れます。

藤が丘エリアは以前から名古屋市では郊外に位置する高級住宅地として知られており圧倒的に戸建エリアだったが、近年はマンション供給も増加して若年層にも人気があります。

また前回の6位から3位にジャンプアップした「中村公園」と7位の「中村区役所」10位の「本陣」と並び名古屋駅西側に位置する中村区が賃料水準が東側に比べるとまだまだ安価で若年層の給与所得者や学生に人気が高いようです。

8位の「岡崎」、9位の「豊橋」は名古屋市内近郊の”衛星都市”で、これまでは名古屋市内への通勤・通学者の賃貸ニーズも高かったのですが、近年では名古屋市内への一極集中が進み各々のエリアでの結果は、もっぱら地元ニーズの高まりが背景にあるようです。

Fudousan Plugin Ver.1.7.5